アトピー 保湿

アトピーには保湿は欠かせない

アトピーの人は肌が敏感です。アトピー性皮膚炎を起こしている時は速やかに炎症を静めてあげる事が大切です。強いかゆみから激しく掻いてしまう事も多々とあり、肌を傷めてしまいます。炎症がひどい時には皮膚科で軟膏や保湿剤を処方してもらいますが、いったん炎症が治まってもまた再発してかゆみが発生する事が多い疾患です。原因はアレルギーとされていますので、アレルギー体質の人でアトピーの症状が出ている人は長いお付き合いになるかもしれません。アトピーではなくても冬場などひどく肌が乾燥すると猛烈なかゆみに襲われる時があります。このような時に保湿成分の高いクリームなどを塗るとおさまります。冬場のスキンケアの基本は保湿と言っても過言ではないでしょう。唇から髪の毛、全てにおいて行う事が理想といえます。


アトピーには保湿は欠かせないのは、保湿をする事で乾燥によるかゆみを抑える事ができます。かゆみを誘発させるような状態をなるべく避けるようにしてあげると皮膚をかきむしってしまったりしないで済むでしょう。保湿剤には色々な種類があります。皮膚科などで処方される保湿剤もあります。また市販でも冬場になるとあらゆる保湿剤関連の商品が並びます。中には無添加、無香料、保存料なしなどナチュラルに仕上げてある商品もあります。保存がきかない為長期で使用するのは難しいですが、肌にはやさしい商品と言えるでしょう。また最近はアトピー肌の人ようの化粧品やスキンケアが販売されています。このような商品を試してみてもいいでしょう。自分にあう保湿の仕方を見つける事も重要です。短期間で改善しようと思わず気長に取り組むといいでしょう。


また中には肌が非常に敏感で肌着などもアトピー性皮膚炎に影響してしまうケースもあります。このような場合、コットン、オーガニックオットンなど肌にやさしい素材の肌着を着用するように心がけるといいです。多少割高な製品もありますが、肌触りもよくアトピーのデリケートな肌に合います。保湿剤もシンプルな商品もおすすめです。自然化粧品などを扱っているお店などで探しても肌に優しい商品を見つける事ができるでしょう。アトピー肌は本来赤ちゃんや小さい子供がメインでしたが、最近は大人のアトピーも増えています。原因は色々あります。保湿などのスキンケアや生活習慣にも限界もあります。またあまり肌をいたわりすぎてしまってもかえって肌が弱くなってしまう可能性もあります。薬に頼りすぎないで、シンプルなスキンケアを継続する事である程度はおさまります。